FC2ブログ

LABB四国、中国ツアー終了



今回Djangoの小野さんとクルーのマル君の6人でキャンピングカーにて1泊2日4ステージ+ミニストリートという無謀な実演販売及びドサ回りを終了しました。おかげさまで各地で大盛況でCDもすべて完売しました。というわけで
Special Thanks:

高松「ラフハウス」

今城さん、増田さん、スタッフの皆さん、Opening Actの
リトルフラビリーボーイズ、Emiちゃん

岡山「ピンボール カフェ」

森田さん夫妻、Namiちゃん、スタッフの皆さん、Opening Actの嶋尾リュウジ&HOTCLUBの皆さん

福山「ハイダウェイ」

TOKUさん、よっちゃん、常連のみなさん

その他たくさんのリルオールを見に来てくれた皆さん本当にありがとうございました。


(Lil`Al`Blooz Boyz)
スポンサーサイト



12:56 | Live | comments (3) | trackbacks (0) | page top↑

おつかれサマーでした

bbq1.jpg

同級生バトル 藤山「ひょうたん」英一郎

BBQにご参加いただいた皆様ありがとうございました。ほとんど演奏ができないほど酔ってましたが私にとってたいへん楽しい夜になりました。メインのバンド、Dr.アルベルトBlues Trioの皆さんお疲れでした。前回は警察がきましたので内心ヒヤヒヤものでしたが今回は少し大人になったみたいで、また演奏もよかったです。
家族会議で、昨年は鶴さんが地面に寝てて、人が死んでるよ事件がありましたが、今年はトイレで寝ている事件で多いに盛り上がりました。
来年は本当に死人がでないことを祈ります。
20:06 | News | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

11曲目「GREAT DREAM FROM HEAVEN」 軽木欣弥

js1.jpg

ジョセフスペンス

「THE ACOUSTIC」の曲も残りわずかとなりました。11曲目はギターソロの名曲「天国からの夢」です。この曲は作者もTRADITIONALとなっていますので古くから教会で歌われていたと思います。1950年代にバハマの船乗り、島で一番のギタリスト「ジョセフ スペンス」によって演奏され素晴らしい音楽となりました。その音楽に影響を受けたのが「ライクーダー」で、この曲は彼の3枚目のアルバム「紫の峡谷」に収録されてます。

クラブハウスで他のメンバーの録音の間に2テイク録ったはじめのテイクで、SM57の2本録りです。使用ギターは阿蘇在住の若手ビルダー「塩山健」君のDーマホランダ会長スペシャル。もちろんドロップDチューニングでのシンコペ演奏となっています。この曲は長く演奏しているので難しい箇所は簡単にといい感じ?でのわたしのアレンジとなっております。(最近は副会長もコピーしたみたいです!)

シンプルでとても良い曲ですので皆さんぜひコピーしてみて下さい。
(会長)
16:18 | CD「The Acoustic」 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

10曲目~「Buffalo Springfield Again」 STEVE 石田

10曲目はNeil Young(ニールヤング)の「Buffalo Springfield Again」のカヴァーです。
2000年のアルバム《Silver&Gold》4曲目に入ってます。
この”Buffalo Springfield"とはニールヤング、スティーヴンスティルスらが所属したグループのことです(1966~68)。
内容は・・・かつてロックバンドでプレイした。解散してしまったけど、大いに楽しんだ。今じゃ誰が正しくて、正しくないかは解らないけど、もう一度プレイして皆に聴いてもらいたい。
バッファロースプリングフィールドよ甦れ。
てとこかな。
もう40年のキャリアだけど常に突き進んでるロックオヤジですね。
曲自体は簡単なコードで難しいとこは無いけど、シンプルなメロディラインは美しく、その声は繊細。ブレイクのアコギがチトむずかしいかな。(会長アリガトでした)
やさしく歌ったのと、少し張り上げて歌ったのと2バージョン採ったんですが、ここには前者で収録されましたね。
2回出てくるハープソロはダブルトラック処理かな(?)KeyはGです。

ニールヤングは他にもイイ曲がたくさんあります。
「Heart Of Gold」「Harvest Moon」「Helpless」等々。
ぜひ聴いてみてね。 
視聴希望の方はSteveまでお便り下さい。

neil young

22:32 | CD「The Acoustic」 | comments (1) | trackbacks (0) | page top↑